モータースポーツに磨きぬかれたスクーデリア・フェラーリ・ウォッチ 1929年に、アルファ・ロメオのセミワークスレーシングチームとして、エンツォ・フェラーリとその友人により設立され、フェラーリ氏自身も1932年までスクーデリア・フェラーリのレーシングドライバーとしても活躍していた。この「スクーデリア・フェラーリ」こそが、フェラーリ・ブランドの前身となるのである。 現在ではフェラーリが運営するワークス・レーシングチームであり、同社のモータースポーツ部門 (Gestione Sportiva,GES) にあたる。現在はF1のコンストラクターとして活動しているが、かつてはスポーツカー世界選手権にも参戦していた。