栄光時計株式会社

Waris × 栄光時計 Special対談「 さらに女性が活躍できる環境を目指して」を公開しました

豊富な経験や専門性を持つワーキングマザーに、その経験や専門性を活かせる仕事を紹介し企業とのマッチングを行う株式会社Waris。昨年から、弊社もパートナーシップを結び、女性のさらなる活躍推進にむけサポートを頂いております。「女性の新たな働き方と活躍の推進」をテーマに、株式会社Waris代表取締役兼Co-Founderの米倉史夏氏より、弊社社長の小谷にインタビューを頂きました

 
米倉氏:Warrisのサービスを利用し始めたきっかけを教えてください。
小谷: 某TV番組でWaris代表の方のインタビューを見たのが直接のきっかけです。弊社は来年で創設70周年を迎えるのですが、さらに女性の活躍を促したいと思っていたところでした。そのために、様々な働き方が可能となる環境を整える必要がありました。そんな中、Warisのビジョンと弊社が取り組んでいる課題がマッチしたわけです。
 
米倉氏:女性の活躍をますます推進しようと思われた背景にはどのようなお考えがあったのでしょうか?
小谷: 弊社では「共に働く人の生活を豊かに」というビジョンを掲げています。幸せの価値も人それぞれ異なる中で、特に女性はライフステージの変化により、従来の単一的な働き方では限界が感じられます。また、時計や宝飾という美や感性を売るビジネスにおいて女性のセンスが必要不可欠だったこともあり、社内でどのように女性の活躍を推進し、また存分に能力を発揮して頂くためにはどのような環境整備が必要か考えていました。
 
米倉氏:なるほど。時計や宝飾などラグジュアリーな商品を扱われている御社は、キャリアやスキルのみではなく女性特有の感性も活かしやすい職場ですね。これまで、御社ではどのような取組を行われてきたのでしょうか?
小谷:5年ほど前から、性別問わずフェアでオープンな人材配置が可能となるよう、社内の配属システムの構築に取り組んできました。例えば、大阪や東京など主要な営業拠点へフレキシブルな異動を可能とする仕組みを作り、地方で採用した人材が優秀であれば、社員のニーズも踏まえたうえで、人材の再配置を実施してきました。また、中途採用で獲得した社員や、これまで社内でキャリアを積み専門的なスキルをもった人材には、新しいポジションを創設し、そのポジションに抜擢するなど、能力を活かしやすい社内の環境や仕組み作りに取り組んできました。実際にこの仕組みを活用し、女性社員の異動や新ポジションへの抜擢も実現しました。

米倉氏:御社内でも、女性の活躍を推進するため様々な施策を講じられてきたのですね。昨年からは、Warisのサービスもご利用頂いておりますが、どこに魅力を感じられましたか?
小谷:女性のライフスタイルに合わせた自由な働き方や、プロフェッショナルな人材に特化しているところですね。
 
米倉氏:Warisよりご紹介させて頂いた人材に、具体的にはどのような業務を任せて頂いたのでしょうか?
小谷:組織改編にあわせ、広報のポストを作り広報業務の新規体制やフレームワーク構築が課題としてあったので、フリーランスのコンサルタントとして活躍している方を紹介していただきました。基本的にはリサーチ、資料作成、アポイントの調整などを在宅作業でこなし、週1-2回程度ミーティングのためオフィスに来訪されるフレキシブルなスタイルです。常にオープンカンバセーションを心がけ、情報共有がスムーズに行える環境づくりを心がけてきました。また、私をトップとしたプロジェクトチームを結成し、そこにWaris人材を迎えることで、社内外の壁をなくしコミュニケーションが円滑に進むようにも工夫しました。現在は、新たに採用した広報担当者が、策定頂いた広報のフレームワークを活用し、広報業務の運用に当たっています。
 
米倉氏:70周年を迎えるにあたり、今後、どのようなことに取り組まれる計画でいらっしゃいますか?
小谷:今後は、マネージメントポジションへの女性の登用を進めていきたいと考えています。そのためには、専門性が高く優秀な人材を獲得することが必須となりますので、勤務時間やリモートワーク等のフレキシブルな働き方が提供できるよう仕組みを整備する予定です。個々のライフスタイルにあわせた働き方を提供することで、より優秀な人材の確保を実現していければと考えています。Warisさんには、弊社内で女性がイキイキと活躍できるフィールドを増やせるよう、心強いパートナーとして引き続きサポートいただければと思っています。

株式会社Waris 代表取締役 米倉史夏氏プロフィール

 米倉史夏氏 / 株式会社Waris代表取締役兼Co-Founder 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japan キャリアカウンセラー1975年生まれ。1999年に慶応義塾大学総合政策学部を卒業後、日本輸出入銀行(現 国際協力銀行)入行。企業の海外直接投資に関する調査に従事。その後、株式会社ボストンコンサルティンググループにリサーチャーとして入社。ヘルスケア業界を担当し、医療、製薬業界の調査・分析業務に携わる。2007年に株式会社リクルートへ転職。医療領域の新規事業立ち上げ、ブライダル事業の事業企画業務に従事。2011年に取得した、米国CCE,Inc.認定GCDF-Japan キャリアカウンセラーの資格を生かして女性のキャリア支援に携わりたいと考え、2012年にリクルートを退職。2013年に株式会社Warisを設立
株式会社Waris >>

その他のコーポレートNEWS

PAGE TOP

Copyright (C) EIKOWATCH All rights reserved.