栄光時計株式会社

SAINT HONORE(サントノーレ)

『CHARISMA(カリスマ)』 美のイノベーション!



栄光時計株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:平野雅彦)は、「SAINT(サント) HONORE(ノーレ)」の2016年新作モデル『CHARISMA(カリスマ)』を2016年7月より全国のサントノーレ正規取扱店にて発売いたします。
 
2016年の新作「カリスマ」は、シンプルさとエレガンスのマリアージュともいえる、きわめて斬新な個性で注目を集める美しいデザインを備えた時計です。
 
「カリスマ」の特徴は、35㎜のラウンド型ケースとストラップを繋ぐ2本のアーチです。この軽やかなアタッチメントが、女性らしく繊細なカーブを一段と際立てます。
 
バリエーションは、ラッカーとサンレイサテン仕上げのモデル、あるいはホワイトマザーオブパールにダイヤモンドの輝きが調和した2種類です。どちらのモデルも、サントノーレ独自のイノベーションとなる「エクレアエ フェクト™」仕上げのベゼルがセットされています。そして、ブラックオニキスカボションがリューズの美しさを際立て、ダイヤルのセンターにはミドルケースを採用。
 
「カリスマ」のストラップ・ブレスレッドは簡単に取り外しや取り付けが可能な構造なので、その日の気分やファッションによって自由に取り替えることができます。
 
美しいシルエットで、時代を超越した美しさを誇るサントノーレの「カリスマ」は、ニュークラシックとしての存在感を発揮。シックとエレガンスのエスプリがきいた、新たなモデルの登場です。


リリース情報はこちら >>

【SAINT HONORE(サント・ノーレ)について】

1885 年、時計師ヴィクトラン・フレザード氏がパリ・サントノーレ通りに時計工房を開いたことから スタートしたこのウォッチブランドは、伝統と革新をモットーにファミリーによる経営を続け、世代 を超えて時計づくりを継承してきました。現在は5 代目にあたるチアリー・フレザード氏がパリのエ スプリの効いたスタイルとスイス時計の高精度さで世界中に知られるサントノーレの経営にあたって います。 130 年の歴史に名を残すコレクションだけでなく、エクレア仕上げ、ターニングモノグラム、レディ ストゥールビヨンなど、多くのイノベーションがその歴史を彩ります。 そのエレガンスと時計づくりのノウハウは世界で高い評価を受け、コンテンポラリーウォッチのブラ ンドとして発展。中でもマンハッタン・コレクションは1997 年のニューヨーク ラグジュアリーデ ザインコンペディションで、見事優勝の栄誉に輝きました。 サントノーレはスイスのラ・ショー・ド・フォンのアトリエで豊かな伝統を継承しつつ新たな情熱に 満ちた時計づくりを続け、現在世界65 カ国以上で展開。また、2004 年秋には「サントノーレ」創業 の地であるパリ・サントノーレ通り326 番地にブティックとなる本店をオープン。デザインと品質に おいてこだわりの強いフランス人にも根強く支持されています。

その他のブランドNEWS

PAGE TOP

Copyright (C) EIKOWATCH All rights reserved.